能登中島駅

space
space
のと鉄道.comのと鉄道各駅停車 > 能登中島駅

能登中島駅

能登中島駅

のと鉄道の能登中島はのとなかじまとよみ鹿島郡中島町中島字浜田にあります。

能登中島駅 能登中島駅 能登中島駅
能登中島駅 能登中島駅 能登中島駅

昭和7年8月27日に開業されました。能登中島駅の愛称は、演劇ロマン駅です。

この能登中島の駅の構造は、相対式ホーム2面2線を有する地上駅となっています。平日の7時から17時まで駅員が配置される有人駅なのです。

能登中島駅 能登中島駅 能登中島駅

構内の側線、これは、旧3番線ですが、郵便車オユ10およびNT800形気動車が保存されている駅としても知られています。

のと恋路号で使用された車両がそのNT800形気動車なのです。

今後は鉄道公園として整備される予定だといいます。

ますますにぎわっていくのではないでしょうか。

能登中島駅の周辺

能登中島駅の名所は次のとおりです。能登演劇堂は徒歩20分にあります。

県内でも数少ない本格的な演劇専用の劇場として知られています。さらに、枠旗祭の郷ですが、徒歩10分にあります。

国指定の重要無形文化の「お熊甲祭」を中心に「祭りの体験と交流」「祭りに関する資料の収集」「祭りの将来屁の伝承」の三つを柱にした展示会館となっています。

そして、久麻加夫都阿良加志比古神社は車5分です。また藤瀬霊水公園は徒歩15分にあります。

ここは、万病に効く霊水として知られ、月光菩薩がお告げになった霊水で、県内各地からも水を求めて人が訪れるほどの人気振りなのです。

能登中島駅の利用状況ですが、1日平均の乗車人員は280人ほどのようです。 駅周辺には、国道249号、石川県立中島高等学校、中島お祭り資料館・お祭り伝承館、七尾市役所中島支所、能登演劇堂があります。

バス路線は朝・夕しか運行していません。

かつて七尾駅~中島~富来間を1時間に1~2本の割合で運行していたバスは七富線と呼ばれ、中島駅~七尾間で国鉄七尾線と競合していたが、利用者の減少等に伴い大幅減便となり、現在は直通で結ぶバスは存在しません。

能登中島駅前からは月・水・金運行の中島げんきバスが運行しています。

運行ルートは一般路線バスと重なる部分が多く、運賃無料のため利用者は大変多いと言えます。

この能登中島駅の歴史ですが、1928年10月31日に 国鉄七尾線 和倉温泉駅~当駅間開通と同時に開業し、旅客及び貨物の取扱を開始しています。

1932年七尾線の当駅~穴水駅間が開通しました。1974年貨物の取扱を廃止しました。

1987年、国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となりました。

2004年、甲駅に保存されていた郵便車(オユ10)が構内に移転してきました。

昭和7年8月27日に開業されました。能登中島駅の愛称は、演劇ロマン駅です。

この能登中島の駅の構造は、相対式ホーム2面2線を有する地上駅となっています。平日の7時から17時まで駅員が配置される有人駅なのです。

構内の側線、これは、旧3番線ですが、郵便車オユ10およびNT800形気動車が保存されている駅としても知られています。

のと恋路号で使用された車両がそのNT800形気動車なのです。

今後は鉄道公園として整備される予定だといいます。

ますますにぎわっていくのではないでしょうか。

能登中島駅の周辺

能登中島駅の名所は次のとおりです。能登演劇堂は徒歩20分にあります。

県内でも数少ない本格的な演劇専用の劇場として知られています。さらに、枠旗祭の郷ですが、徒歩10分にあります。

国指定の重要無形文化の「お熊甲祭」を中心に「祭りの体験と交流」「祭りに関する資料の収集」「祭りの将来屁の伝承」の三つを柱にした展示会館となっています。

そして、久麻加夫都阿良加志比古神社は車5分です。また藤瀬霊水公園は徒歩15分にあります。

ここは、万病に効く霊水として知られ、月光菩薩がお告げになった霊水で、県内各地からも水を求めて人が訪れるほどの人気振りなのです。

能登中島駅の利用状況ですが、1日平均の乗車人員は280人ほどのようです。 駅周辺には、国道249号、石川県立中島高等学校、中島お祭り資料館・お祭り伝承館、七尾市役所中島支所、能登演劇堂があります。

バス路線は朝・夕しか運行していません。

かつて七尾駅~中島~富来間を1時間に1~2本の割合で運行していたバスは七富線と呼ばれ、中島駅~七尾間で国鉄七尾線と競合していたが、利用者の減少等に伴い大幅減便となり、現在は直通で結ぶバスは存在しません。

能登中島駅前からは月・水・金運行の中島げんきバスが運行しています。

運行ルートは一般路線バスと重なる部分が多く、運賃無料のため利用者は大変多いと言えます。

この能登中島駅の歴史ですが、1928年10月31日に 国鉄七尾線 和倉温泉駅~当駅間開通と同時に開業し、旅客及び貨物の取扱を開始しています。

1932年七尾線の当駅~穴水駅間が開通しました。1974年貨物の取扱を廃止しました。

1987年、国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道の駅となりました。

2004年、甲駅に保存されていた郵便車(オユ10)が構内に移転してきました。

37/6/22.104,136/51/23.617

スポンサードリンク

管理人

のと鉄道.comは、のと鉄道が大好きな管理者makoがご案内いたします。当サイトはのと鉄道の会社とは関係がない1個人が運営しています。


のと鉄道.comPick!:七尾線の七尾~穴水

のと鉄道の路線のいいところは、四季折々の景色が楽しめますし、沿線で、おいしい食べ物が味わえるところです。

space