のと鉄道の路線

space
space
のと鉄道.com > のと鉄道の路線

のと鉄道の路線

穴水駅

七尾線の七尾~穴水 七尾線の七尾~穴水

のと鉄道の路線のいいところは、四季折々の景色が楽しめますし、沿線で、おいしい食べ物が味わえるところです。

七尾線の穴水~輪島 七尾線の穴水~輪島

のと鉄道の七尾線の穴水から輪島間の路線は既に廃止とされました。

能登線の穴水~蛸島 能登線の穴水~蛸島

のと線には穴水から蛸島までの路線があります。

のと鉄道の路線カテゴリの解説

のと鉄道とは、どのような路線があるのでしょうか。能登地方の出身者であれば、その沿線住民がのと鉄道の路線の存続を求めている気持ちが分かるでしょう。

通勤通学に使用されることが多いと言うのと鉄道ですから、会社員と学生はのと鉄道の路線の存続を心から願っているのです。

たぶん、能登地方の中学、高校生たちは多くが、能登、七尾線を利用していたといえます。

もし、のと鉄道の路線が廃止になってしまったら、取り戻すということは難しくなるでしょう。よく検討した上での廃止を行なうべきです。

実際に、奥能登という土地に、のと鉄道の路線を建設したこと自体、大変な作業だったに違いありません。

あのような土地に、鉄道を設けることは、当時としては大変なことだったのだと思います。建設したのに何十年もかかって、廃止にするには、あっというまの時間です。

このような義理と人情を考えれば、そんなに大変だったのと鉄道の路線を何とか残せないものかと思うでしょう。

しかしながら、採算性を考えると、昔のように、人情や義理などとは言っていられない現実あるのです。

これもひとつの時代が終わると言うことなのでしょうか。のと鉄道の路線のいいところは、四季折々の景色が楽しめますし、沿線で、おいしい食べ物が味わえるところです。

こんな楽しく、貴重な鉄道がなくなってしまうことであれば、地元だけではなく、県外にも残念がっている人、鉄道ファンがきっと大勢いると予測できます。

のと鉄道は、日本列島のほぼ真中にあります。ただし、能登半島の奥道は近くてはるかな北の里のようなイメージは強いと思います。

そんなふるさとの風のたよりにさそわれて、気のむくままにのと鉄道をきっとなごませてくれます。のと鉄道とはそんな路線なのです。

周りには手付かずの自然があり、行く先々で心和ませてくれるはずです。

のと鉄道の旅は決して海岸線ばかりではありません。うみ沿いばかりを走っているわけではありませんが、海のイメージのするローカル線というのがのと鉄道のイメージでしょうか。

いわば男性的な外浦であり、海岸線に囲まれた、ひなびたけしきなのです。しかしながら、「能登はさしや土までも」の言葉どおり、人の情けが温かいといったそんなのと鉄道の路線なのです。

とくに、のとの良さをたっぷり楽しませてくれるのはのと鉄道の各駅停車の旅であるといってもいいでしょう。

のと鉄道能登線の各駅停車の旅はさらに、のとを満喫できるでしょう。思いきってのと鉄道の路線の途中下車をしてみませんか。

のと鉄道の路線のカテゴリの記事です。

管理人

のと鉄道.comは、のと鉄道が大好きな管理者makoがご案内いたします。当サイトはのと鉄道の会社とは関係がない1個人が運営しています。


のと鉄道.comPick!:田鶴浜駅へ発車

和倉温泉駅を出発して田鶴浜駅をめざします。

space