NT800形

space
space

NT800形

NT800形

のと鉄道の車両に大変人気の高かった車両があります。それはNT800形の車両です。

NT800形 NT800形 NT800形
パノラマカー「のと恋路号」 パノラマカー「のと恋路号」 パノラマカー「のと恋路号」

これは、能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」であります。のと鉄道が誕生してから、2両編成の急行としてしようされていたものです。

この車両は「のと恋路号」として使用されていました。使用されていましたが、2002年10月20日限りで廃止とされてしまいました。

その後廃車になり、珠洲駅に保存されていました。

結果的には能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」として展示されることになったのです。

この能登線廃止により、七尾線の能登中島駅に郵便車オユ10形とともに展示保存されているのです。

この能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」は、窓の形状の異なる部分がサロンルームになっているようです。

そして、反対側つまり海側はパノラマウインドウになっているのです。

能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」ですが、この車両は、客席設備が転換クロースシートでセミハイデッカー構造になっている以外、下回りはNT100型と同じ構造としっていいでしょう。

のと鉄道のNT800形つまり801と802ですが、1988年の能登線転換時に急行「のと恋路号」用に富士重工業で新製されたパノラマ気動車であります。

エンジンはNT100形と同じように、日産ディーゼル製であります。この能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」は、1編成しかないため、検査入場で運用から外れた時、「のと恋路号」は、NT100形2両編成で運用されたのです。

「のと恋路号」が2002年に廃止されたので、定期運用を失ってしまいました。

そして、団体列車用に用途変更されたのでありますが、現在は廃車され、能登線廃止直前に七尾線の能登中島駅に静態保存目的で回送されるに至ります。

その後、能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」または、「鉄道教室」として一般公開されているのです。

この他、JR西日本のキハ58系気動車が急行「能登路」としてJR金沢駅から輪島駅・珠洲駅に乗り入れていたという歴史も有ります。

このようにして、のと鉄道には人気であった車両がたくさんあったのですが、時代と供に乗客数の減少を食い止めることができずに、大半の車両が廃車に追いこまれていったのです。

能登中島駅に留置してあるパノラマカー「のと恋路号」がその一つなのです。

スポンサードリンク

管理人

のと鉄道.comは、のと鉄道が大好きな管理者makoがご案内いたします。当サイトはのと鉄道の会社とは関係がない1個人が運営しています。


のと鉄道.comPick!:田鶴浜駅へ発車

和倉温泉駅を出発して田鶴浜駅をめざします。

space